グルメに拘る人が選ぶレストランに外れはありません。

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

グルメに拘る人が選ぶレストランに外れはありません。

グルメサイトのクチコミについて

ほんの数十年前まで、男たるものうまい、まずいなどとは口に出してはならない、と言う教育が施されていた。武士はくわねど高楊枝という言葉があったくらいである。要するに食べる事ができなくても武士はプライドをもって堂々としていなさい、という戒め又は、堂々としている様を指した言葉である。しかしながら何時からか総グルメ時代となってしまった。テレビでは毎日のようにグルメ番組が放映され、週刊誌でも必ずといって良いほどレストランの紹介が掲載されている。しかしもっともグルメ時代を作った原動力になったのはインターネットであろう。

インターネット上の、クチコミを素人のたわごとと片付けるのは簡単だが、味は良いが場所が悪いだけで人が来ず、潰れかけたレストランが、クチコミサイトのおかげで、生き返った例は枚挙に暇ないのである。もっともその反対に客が来なくなった例もある。クチコミサイトはレストラン側は反論することはできない。したがって、美味しくなければ二度と行かないようにすれば良いのである。仮に腹が立つ事があってもあしざまに悪口を書くことは控えたいものである。それが正しいグルメの態度ではないかと思われる。万人に受けるものなどないのだから。